本について思う

世の中に一体何冊の正規があるのでしょうか?書店に行くだけでもその数値に圧倒されます。
沢山の正規が本屋には陳列されていますが、Englishで書かれた正規はないのかという設問に思ったことはありませんか?
日本で出版されているから人並みなのですが、もしも、Englishで書かれた洋書を購入したいという思ったらどうして購入したら良いのでしょうか?
とある特定の洋書を手に入れたいなんて思っても、何となく目的の洋書に近付くことができません。
割に大きな書店では洋書縁が悠然と確保されていますが、真に購入しようと思うと思ったよりも冊数が少ないことに気がつくでしょう。
昨今になりEnglish世間は言いますが、Englishの正規を読む人は日本には概ねいないようです。
では如何に目的の洋書に近付くのでしょうか?
最近では正規をインターネットで購入することができますのでEnglishで検索すればそこそこ簡単に洋書を手に入れることができるようになりました。
ただ、その金額に目を奪われます。平気で付き万円なんて事もざらにあります。
日本にこれだけの正規があるならば、基盤には一体どれだけのEnglishの正規があるのでしょう。
日本で出版されていない洋書を探してみるのも面白いですね。それでもEnglishが詠めないと会得はできませんが…。